元タクシードライバーが語る英会話習得までの道

外国の方ためにと、少しの空き時間を使って習得した英会話学習法を書き連ねていきたいと思います

英語力を身につけて異文化交流を実現したい人や、仕事の関係で英会話スキルのアップを求められている人の存在は、昨今少なくないはずです。私自身も一定度 の語学力が会社での昇格条件になり、プレッシャーを感じていたうちの一人でした。私の場合は悩んでいても仕方ないので、とにかく行動に移すことにし、会社 の近くの英会話スクールでに通って、とにかく生の英語に触れる機会をつくることにしたところ、半年程度で仕事中に英語でのコミュニケーションがはかれるま でになりました。
英語は日本語と同じく言語であります。なので、我々が日本語を扱うのと同じように理解していけばよいのです。言語とはわれわれが 自分の考えや感情を表現する際に用いるひとつの媒体にすぎません。ですので、まずは英語を使って自分を表現したい、または表現された何かを正確にキャッチ したいという気持ちが大切です。まずは身近なもの、例えば音楽の歌詞など、自分が興味のあることから親しみを持って主体的に学んでいけばよいと考えます。

遼 くんのCMでもおなじみの「スピードラーニング」、英語の勉強に興味のある人も無い人も名前を聞いた事はあると思います。聞くだけで英語がしゃべれるよう になるという事ですが、私が使ってみて思った事は、英語耳を鍛えるツールとしては最高です。スピードラーニングでは心地よいBGMと共に英語と日本語が流 れてきます。繰り返し聞いていると、最初は何を言っているかが分からなかったものがだんだん聞き取れるようになってきます。これって英語でコミュニケー ションをとる上で不可欠ですよね。おすすめです。
まず、人間はその日覚えたことの4分の1程度しか覚えていないといわれています。そのため反復的 に勉強することが必要です。単語を覚える方法はまず、単語を声に出すことです。目で見ただけで覚えようとするのではなく、文章を目で見て、声に出した音を 耳で聞くことで覚えやすくなります。また、英単語を覚えるコツの中に、英語を単語ずつ覚えるのではなく文章にして覚える方法があります。文章で覚えてしま うことで、中の単語を一つ変えることで応用が利くのです。

英会話スクールでは、いろんな場面で使える英会話を学ぶことができる。現代で は、小学生でも授業で英語を学ぶ時代なので、大人から子供まで通うことができ、人気を得ている。ショッピングセンターの中にも見かけることがあり、とても 身近に感じるようになった。今は英語を話せて当たり前のような日本なので、英会話スクールはとても魅力的である。マンツーマンで教えてくれるところもある ので、苦手な方でも安心して学べる。子供に通わせるなら英会話という親も増えてきている。
私は学生の頃、英語のリスニングのテストがとても苦手 で、何を言っているのかチンプンカンプンでした。最初の頃は諦めてテストを受けていましたが、自分でもこのままではダメだと感じてから行動に移しました。 私が取った行動は、英語のリスニングで流れてくる単語をテストの空いている用紙に書き写す事でした。分かる単語だけを書き綴って、後から自分で文章にして みて問題を解くという方法に切り替えてからは、思ったよりは成績アップに繋がって良かったです。

英会話カフェの独自な点は英会話をするスクールと英会話を楽しめるカフェ部分が合わさっている部分で、実際カフェ部分だけの利用であっても入れます。
最近人気のヒアリングマラソンというものは、ヒアリングだけでなくシャドウイング方式、書く方のディクテーション等の修得にも利用可能なため、数多く取り合わせての勉強方式を推奨します。
各機能や、色々な種類の状況別の話題に沿ったダイアローグによる話す能力を、英語のニュース放送や歌、童話など変化に富んだ資材を使って聞き分ける力を手にします。
英語をシャワーのように浴びる時には、たしかにひたむきに聴き、認識できなかった言葉を何度も声に出して読んでみて、次の回には判別できるようにすることが大変重要だ。
自分の場合でいうと、リーディング学習というものをたくさんこなすことによって、表現というものを蓄積してきたから、他の聞き取り、筆記、発語というような技能は、各々妥当な英語の学習教材を少しやるのみで問題なかった。
通常、英語には独自の音同士の関係があることをわきまえていますか?このことを知らないと、どれほどリスニングを重ねても内容を聞き取ることができないでしょう。
英語をうまく発音するための秘策としては、"カンマの左の数=""thousand""と"省察して、とらえるようにして、ゼロが3つある正しく発するようにすることです。
英会話というものの全体的な力をつけるためにNHKの英語番組では、題材に沿った対話劇で会話する能力が、そして海外ニュースや、歌などのネタを使うことによりリスニングの能力が、獲得できるでしょう。
普通は、英和・和英辞書といった様々な辞書をよく利用することは格段に大切なことですが、英会話の勉強の最初の段階では辞典ばかりに依存しない方がいいと思います。
知り合いは有名な英単語学習ソフトを用いることで、概して2、3年ほどの勉強のみでアメリカの大学院入試に合格できるレベルの豊かな語彙力を入手することができたのだ。
英語というものには多種多様な勉強メソッドがありますが、反復して繰り返すリピーティング、耳と口が同時に要求されるシャドウイング、聞きながらイメージして文章を書き移す、ディクテーションと、人気のある海外ドラマや映画を使用した英会話学習など際限なく多くのバリエーションがあります。
スカイプでの英会話は通話にかかるお金がいらないためにかなりお財布にやさしい勉強方法だといえます。通学時間も節約できて、空いた時間にあちらこちらで勉強にあてられます。
ある語学スクールでは日々段階別に実施されている集団単位のレッスンで英会話の練習をして、しかるのち英会話カフェを使って英会話に慣れさせています。学習したことを使いこなす事が必須なのです。
受講の注意点を明確化した実用的クラスで、外国文化特有の慣行や行儀作法も並行して学ぶことができて、コミュニケーションする力をも向上させることができます。
英語勉強法というものにはリピーティング方式、シャドウイング方式、ディクテーション方式などの色々なバリエーションの勉強方式がありますが、英語初心者に有効なのは何度も繰り返し聞くだけの方法です。

『スピードラーニング』そのものの特徴的なのは、ただ聞き捨てているだけで、英会話が自然と会得できるという点にあり、英会話ができるようになるには「特徴的な英語の音」を聞き分けられるようにすることが肝心なのです。使用できるのは英語だけという英会話クラスならば、言葉を日本語から英語にしたり、単語を英語から日本語にしたりという通訳するステップを全て排除することにより、完全に英語だけを使って考えるという思考回路を脳に構築していきます。初級者向け英語放送(VOA)の英会話のニュースプログラムは、TOEICによく出る政治や経済における問題や、文化、科学に関連したニュースがいっぱい実践されているので、TOEICの単語を暗記する手段として効果が高いのです。英会話自体は海外旅行をする際に一層安全に、更に楽しんで行う為のある種のツールのようなものですが、海外旅行で使用する英語の会話は皆が言うよりは大量ではないのです。いわゆる英語に馴染みができてきたら、教科書に従って日本語に置き換えようとはしないで、イメージ変換するように訓練してみましょう。習熟してくると英語を読むのも話すのも飲み込むのにかかる時間がもっと速くなるでしょう。携帯や携帯音楽プレーヤーを使うと、英会話番組等を購入して色々な時にどこでも英会話レッスンすることができるので、少し空いた時を活用することができて、英語トレーニングを楽しく習慣にすることができます。いわゆる日本語と英語があれだけ相違するなら、今のままでは諸国で有効な英語勉強方式も日本人向けにアレンジしないと、日本の傾向には効果が出にくいようだ。ある英語教室では2才から学ぶことができる子供の為の教室があり、年齢と学習段階に合わせたクラスにそれぞれ分けて教育の援助を行っており、未経験で英語を学ぶ場合でも不安なく学習することができます。先達に近道できる方法を(鍛錬することなくというつもりではなく)を教わるならば、よりいっそう早くぐっと高く英語の技能を引き上げることが可能なことでしょう。某英会話教室のTOEICに対する特別なクラスでは、初心者レベルから上級者レベルまで、目標レベル別に7段階が選択できます。あなたの短所を細部まで検討しレベルアップにつながる、最良の学習課題を供している。私の場合はP-Study Systemというソフトを用いて、総じて2年ほどの学習をしただけでGRE(アメリカの大学院入試)のレベルの豊富な語彙力を手に入れることがなしえたのです。 TOEIC等の公的な英語能力テストは一定の周期で実施されるので、しょっちゅうテストを受けることができませんでしたが、CASEC(キャセック)というテストならばネット上でしょっちゅう受験できる為、TOEIC試験の為の力試しに一押しです。『スピードラーニング』方式の最大級の特徴は聞き流しているのみで英語が身につく部分にあり、英会話を会得するには「英語ならではの音」を聞き分け可能になることが切実なのです。レッスンの重要ポイントを明示した実用的レッスンをすることで、異なる文化独特の日常的習慣やしきたりも一緒に体得できて、よりよいコミュニケーション能力を培うことができます。アメリカにある企業のコールセンターというものの大抵は実をいうとフィリピンに作られているのですが、通話しているアメリカ在住の人は先方がフィリピン国籍の人だとは判断できません。

このページのトップヘ